siztsbの日記

考えていても言葉にできないことを文章にして残しておくことでいつでも読み返せるようにしています。

朝から晴れ,巻雲空高く天気悪化の兆し

f:id:siztsb:20160901143238j:plain

あおさぎイン大野市(福井)。

 

そこそこ心をやられたもののゼミをする。朝から晴れているが,おかげで放射冷却となり路面は結氷。自転車には危険な状況だったが遅刻は嫌だったので自転車で研究室へ。

 

写真は9月に訪れた越前大野のもので,昔ながらの城下町と水路に鷺というのがどうにもいとおしく写真を撮った。大野市は古くから奥越前の小京都として栄えた街で,街の端は城を防御するために15ほどの寺が建てられている。どれも宗派が違うが立派な寺ばかりで面白い。建て替えられてコンクリートになっている近代的な寺から,木で作られたいかにも古い寺まで様々であるが,面白いことにすべての寺が同じ方向を向いていて直線状に並んでいるので実際に防御のときにどのように使おうと考えたのか思いを巡らせることができる。

越前大野城は復元天守ではあるけれども,何となく郷愁を感じさせる佇まいがいい。天守から町を眺めると,この町が扇状地の末端にあって,湧き水が出ているところが丁度地理的に山の端となっているところを見ることができるのもいい。あと,越美北線の単行列車がトコトコ街の中を走り抜けるのが,まるでおもちゃの鉄道のようでいつまでも眺めていたくなる。

 

こんな旅を,またしたいものだと思う。