読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

siztsbの日記

考えていても言葉にできないことを文章にして残しておくことでいつでも読み返せるようにしています。

読書メモ『ホロコースト全証言』

久しぶりに,本の内容が有機的に繋がる経験をしている。原書房ホロコースト全証言―ナチ虐殺戦の全体像』は,1940年台に行われた近代最悪の犯罪であるナチス・ドイツによるユダヤ人等の大量虐殺の有様を証言を交えて記述したものである。実は,この読書以前に慶應義塾大学出版会の『ブラックアース』を読みホロコーストの根底に存在する精神性に対する考察を読み,また,『現代思想』の相模原障害者殺傷事件の記事を読んだ。やはり,これらに共通する精神は存在していて,我々がいわゆる多数派に属している時の少数派に対する冷徹な視線が実際に社会の中に存在しうることで,それがアドルフ・ヒトラーという起爆剤をもってして国家的な犯罪にドイツ国民を誘導することになったということだろう。本書において,著者はホロコーストの責任をいわゆる責任者であったヒトラーヒムラー,アイヒマン等の権力の中枢に存在していた人々のみに認めるのではなく,一般のドイツ市民にも当然責任があると主張する。当時の第三帝国において国民は国家に奉仕することを求められたことはやむを得ない事象としてとらえられるが,良心を失い人間狩りを行うのはやはり罪である。反面,思想がその方向に誘導されていったことも事実であり,如何にいわゆる大衆が権力の手に堕ちてしまうかということが想起される。そのような意味において社会運動を行うことや世代の政治に批判を加えることは無価値ではなく大きな価値がある。

 

学生生活を終えるにあたり,周辺に批判対して正当に挑めない人が多い事に落胆を覚える。ある意味,何も分かっていないにも関わらず権力に迎合し,事なかれ主義で何となく送る学生生活にどのような意味があるのだろうか。で,何となく就職活動をして何となく大企業の従業員になって,そこに幸せがあるのだろうか。確かに人並みの幸せは享受できるかもしれないが,知性を与えられた存在としてある以上,その構造に対する批判をすることによる世界の改善は必要であるし,そのような事が自発的にできるような人になりたいものだと思う。