siztsbの日記

インプット・アウトプットのサイクルを回すために書いています。

読書『文明が衰亡するとき』

乱読癖で、10冊以上を同時に読んでいるせいで読書に時間がかかってしまったけども、新潮選書『文明が衰亡するとき』を読み終えた。

文明が衰亡するとき (新潮選書)

文明が衰亡するとき (新潮選書)

著者が歴史散歩であると行っている通り、過去の文明の滅亡から今の世界の国家の滅亡論を唱えるものではないし、この本自体も1981年に書かれたものであるので、現在とは事情がかなりことなっている。しかしながら、より、「つながる」ようになった現代において、繋がることは利益を生むがその反動として保護主義を生むという指摘は現代の世相をまさに言い当てているものだなと非常に感動した。

敵は無限に生まれる、そんな中で結局役に立つのは国の資源とか、軍事力といったものになってしまうというのはある意味で事実であり、暗澹たる気持ちを思い起こさせるものである。

福祉国家の矛盾という指摘も興味深い。国民のために福祉国家をうちたててもとうの国民からは嫌われてしまえば、意味がないと言ってもいいと思う。今後、社会保障費が増大する中で、国内に病人があふれるようになったときに、犠牲者となるのは国か、医療者か、はたまたその両方か。今までの世界で行われて来た福祉が持続可能でないから撤退しようと提案したところで、その言説に易々と市民が肯くとは思えない。身体の健康というものは個人的なものであると同時に社会的なものとなっている。何年もの後に、より不便な世界が待っていることを、全人が認識して、躊躇なく大胆な政策を推し進めるべきではないか。特に、分散して人が居住している状況は無駄が多いので、集約して行く方向に舵を切るべきではないか。

翻り、今田舎で多く喧伝されている移住者募集についても、結局は国内でパイの奪い合いをすることになり無意味だし、部外者の侵入を快く思わない地方民にとっては災害のようなものとも捉えられる。いま、限りある人的資源、社会的資源をもってして、どのようなことができるかを、すべての選択肢を考慮に入れ、真剣に考えることが未来につながる。なかなか、示唆に富むものであった。