siztsbの日記

インプット・アウトプットのサイクルを回すために書いています。

読書『悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える』

ハンナ・アーレントに最初に出会ったのは、修士1年生の時で、ちょうど紀伊國屋書店札幌本店の2階の思想書売り場の斜め向かい(ぼくがいつも立ち読みしていた場所!)で、たまたまナチス・ドイツに関する書籍のフェアをやっていて、そこでちらっと見た時だったと思う。その時は『全体主義の起原』とか『イェルサレムアイヒマン』は高いし読むのが大変かなと思い『ホロコースト全証言』とか『戦争は女の顔をしていない』を買って読んだことを覚えている。つくづく、乱読しているなと思う。

 悪による政治と全体主義はいまになってはほとんど重なって見られるものであると思うのだけど、実は悪というのは陳腐なんですよ、とハンナ・アーレントは指摘した。その事と全体主義の誕生、流布の歴史の解釈についての解説を加えるような内容だった。いわゆる悪が法制度としてあって、それが正しいとされている世界において、制度に従わず自分の良心に常に従うことができるか、ということを強烈に問いかけられる。すなわち、自身が1930年代のドイツにいて、自分の道徳に従えたかということであると解釈できると思う。みんながやっているから自分もやってもいい、とか、政府がそうしているから仕方ない、とか、あれこれ理由をつけて悪事を冷徹に行ってしまう自分がそこにあるように思えてとても背筋が冷えた(僕はゲルマン人ではないが!)。加えて、何が正しくて何が間違っているか、ということは当事者にはいまいちピンとこないというところではあるのだと思う。第三者のまなざしを以てしても、難しいかもしれない。結局は解釈する人の価値観が効いてくることだから。多数派の言っていることが実は間違えていたと気づいたときにどう考えるか。いちいち自分に問いかけなければ、いつでも自分も悪に手を染める事態になるかもしれない。