siztsbの日記

インプット・アウトプットのサイクルを回すために書いています。

旅行記録:第17回日本スカウトジャンボリー

8月4日から10日まで、長い休みをいただいて、第17回日本スカウトジャンボリー(石川・珠洲)に参加した。

 

日本中のボーイスカウトと関係者総勢13000人が参加する日本ボーイスカウト最大のイベントで、今回は指導者として参加したので大会の事を俯瞰的に眺めることができたし、前回参加(14回)の時は特殊な立場で参加していたので、そのころよりもずい分と楽しませてもらった。

いよいよ野営始まるぞー!というときの写真。後ろにスタッフの詰めているマーキーが煌々と光っているが、今回の我々の参加隊は灯火を十分量揃えていなかったので薄暗かった。

開会式。夕食準備でモタモタしていた結果、開会式の場所取りには完全に失敗した。いろいろ疲れていて、ライブパートに入る前にサイトに帰ってミーティングをしていた。ここまで遠いと、さすがに訳が分かりません!

物販列の途中にあった看板。物販は2日目に早々に売り切れが発生していて厳しかった。前回大会の16回ではかなりの在庫ができたらしいので調整した結果そうなったのではないかという声があった。

総じて晴れの日が多かったので、サイトのゲートも青空によく映えた。今回は一眼レフをもっていかなかったので星空を撮影することができなかったけど、夜の天の川、惑星、星たちは息を吞むほどの綺麗さで、1時間以上星を眺めて過ごしていた。星の観察といえば山だと思うけど、海も悪くないなというかんじだった。なぜか月が出ていなかったのでそれもよかった。

すごく気持ちよさそうに見えるけども外気温は33度とかだったので大変だった。熱中症で搬送されるスカウトがたくさんいたようで、救急車も出動していたように見えた。細心の準備と熱中症にならないぞ!という心積りが重要だと思った。

閉会式前の様子。だいぶステージに近いところに来ることができた。国旗ほとんど最前だったこともポイントが高かったと思う。旗の降納は横浜カラーチーム隊が行っていたのだけど、惚れ惚れするような所作だった。

そんなこんなで、6泊7日のキャンプ生活は終わった。残すものは感謝のみ、の精神で十分にサイトを清掃して帰ったけども、大会本部ではいろいろな事象が発生していたらしく、奉仕隊の皆様には頭が上がらないといったところ。ありがとうございました。

 

今回の参加は割とノリと勢いで決めてしまったところがあって、自分の中で技能や指導力がまだまだかな、といった状態で挑んだこともあり、細かいところでミスが出たけれども、ほかの副長にうまくカバーしていただいてとてもありがたかったし、その中でたくさんの全国の仲間がまた新しく増えた。行きたいところが多すぎて困るくらい。若手の指導者とつながれたことも個人的には大きかった。

 

こういったスカウティング活動は、やりがいを感じてやるものではなく、自発的なやりたい!と思う気持ちを持ち続けることが大事だと実感したし、そういった活動を行うことで、よりよいプログラムをスカウトに経験させられると思った。今後もやれるだけ頑張っていきたい。